マツコ・デラックス のチケット情報

お気に入り登録する
マツコ・デラックス
マツコ・デラックス(1972年10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者である。千葉県千葉市(現・千葉市稲毛区)出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。

来歴
生い立ち
1972年10月26日、千葉県千葉市生まれ。高校では元SMAPメンバーの木村拓哉と一年間だけ同級生だったが、お互いに面識はなかった。

文筆業
高校卒業後は東京マックス美容専門学校(東京都品川区)に入学し、卒業後は美容業の仕事をしていたが、「何か違う」と感じていた時にアクティビストな同性愛者の姿を見て奮起し、『薔薇族』『SAMSON』『G-men』に並ぶゲイ雑誌『Badi』の編集部に転職し、同誌の記者・編集者などを務めた(省略)。

二十代後半に退職、実家で引き篭もり生活を送っていたが、編集者時代の記事を読んでいた小説家の中村うさぎがホストを務める対談集『人生張ってます』のゲストに抜擢され、『マツコ・デラックス』の芸名と個性的なビジュアルやトークスキルが注目された事が世に出るきっかけとなった。更に中村から「あんたは書くべき人間」とその文才が高く評価されるなどを経て、2000年頃(省略)から、スリーサイズ:全て180cm、体重140kgの巨体と、女装家というユニークなスタイルでタレント活動とコラムなどの執筆活動を開始した。ちなみに、新聞のラテ欄やニュースサイトの見出し欄などでは、文字数制限の問題から「マツコDX」と表記されることがある。2002年、ソニー・マガジンズ社から『アタシがマツコ・デラックス』を発表、以降も定期的に著作を発表している。また、毒舌と体型で比較されることの多いナンシー関とは、「デブ」についてのテーマで対談している。

テレビ、ラジオへの進出
2000年、フジテレビ『ワンナイR&R』の前身番組『エブナイ』でテレビ初出演を果たす。2005年TOKYO MXの情報番組『5時に夢中!』のコメンテーターで登場した(2018年現在、月曜レギュラー出演中)。テレビに出演するようになるきっかけである『5時に夢中!』には、プロレスラーの高山善廣の代役として急遽起用されたのが最初である。当時番組MCであった徳光正行が従弟のミッツ・マングローブからマツコについての話を聞いたことがあり、早急に代役を探していた番組スタッフに推薦したことでオファーに至る。出演し
「マツコ・デラックス」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月01日(木) 13:52UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「スジナシBLITZシアター」

    スジナシ最終日。何とマツコさんの要望でやり直し。二本の芝居を観ることができました。 正直、マツコさんは役者でもないので、芝居の方は期待していなかったのですが、非常に自然な演技でした。 演技というより、フリートークに近かったかもしれません。 本当に頭の回転が早い方だと思いました。 個人名には三日間で一番面白かったです。

    touch
  • グレート女装 及び 北ダイアナ・エクストラバガンザ 連合王国

    女装家が大集合~に引かれてチケット(2階席立ち見)を購入。大入り満員でした。 1部が歌、パフォーマンス、2部が寸劇? 結構ぐだぐだでした(笑) ゲネしたのかな~という感じですが、さすがに「星屑スキャット」の皆さんのパフォーマンスはなれたもので、安心して見れました。そのほかの女装家andドラググィーンの方々は素敵!という方も、アレレ?という方もいて楽しめました。 2部は病院内でのコントでしたが、コレは台本がなかったようで、厳しかったかなぁ。 台本あってこそのコントでも良かったかと思います。でもそこそこに毒があって面白かったです。 2階席にはあんまり意識がないようで、それが残念でした。。。 次回、更に凝った内容で再演される事を望みます。

    rucy
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

マツコ・デラックス のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み